乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

含まれている食べ物

植物性乳酸菌がどんな食材に含まれているのかを知ることで、より効果的に摂取できます。

どんな食材に含まれているのか

日本人が日常的に食べているものの中にも、植物性乳酸菌を含むものは多くあります。傾向としては、ぬか漬けや味噌など、植物を発酵させて作るタイプの食べ物に多いです。私たちになじみのあるキムチも、植物性乳酸菌の宝庫です。

ちなみにラブレ菌が発見された京都の珍味『すぐき漬け』も、『すぐき』と呼ばれる野菜を塩漬けして発酵させたものです。ただ、こうした食べ物は毎日大量に食べるのは難しかったり、人によってはその酸味が苦手な人もいるかもしれません。なにより発酵食品なので、そのニオイが気になる人も多いでしょう。

生きて届かせるのは大変

もうひとつ問題なのが、植物性乳酸菌は熱や酸に弱いものが多く、腸に届く前にほとんどが死んでしまうこと。人の体は腸でよい働きをする菌もほかの菌と区別することができないからです。生きたまま腸まで届けるのは難しいんですね。

ただ、死んでしまった状態でも分解されずに腸まで届けば、食物繊維のような働きをしてくれるので、役に立つものではあります。ですが、やはり生きた状態で腸まで届かせたほうが、便秘や健康への効果は高くなります。

植物性の乳酸菌を効果的に摂るには

植物性乳酸菌は、もともとさまざまな植物に生息しているもの。生野菜にはかなりの量の菌が存在しています。漬物などの発酵食品をとりにくい状況でも、生野菜を摂取することで乳酸菌の恩恵は受けられることができるのです。

たとえばキャベツ。乳酸菌は野菜の表面に生息しています。葉が何層にもなっているキャベツはその総量がかなり高いのです。ざっくり切ってさっと水洗いしたキャベツに塩を振り、数日冷蔵庫で寝かせれば、乳酸菌たっぷりのキャベツの塩漬けの出来上がりです。

キャベツに味噌をつけて食べるだけでも植物性乳酸菌は摂取できます。簡単なのでぜひ試してみてください。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策