乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

動物性乳酸菌との違い

乳酸菌と一言でいっても動物性と植物性の二タイプに分けることができます。その違いはなんなのでしょうか。

タイプによる乳酸菌の違い

乳酸菌とはそもそも、糖を発酵して、主に乳酸などの有機物を生成する菌全般をさします。動物性と植物性の違いは、その生息場所や関係する糖の種類で区別されるのです。

腸を整える効果のある乳酸菌が含まれる食品といえば、ヨーグルトやチーズが代表的ですが、乳酸菌はこのような乳製品にのみ存在するわけではありません。実はさまざまな植物の中にも生息しています。

そこで、ミルクなどに生息する生き物由来の乳酸菌を『動物性乳酸菌』、そのほかの植物に生息する植物由来の乳酸菌を『植物性乳酸菌』と読んで区別しているのです。

栄養を考えるなら植物性がおすすめ

洋の東西を問わず、発酵食品というものは世界どこにでも古くから食べられてきています。

日本では「漬物」、韓国では「キムチ」、中国なら「ザーサイ」、ドイツなら「ザワークラウト」、アメリカ・イギリスなどでは「ピクルス」などに代表されます。

植物性乳酸菌は動物性に比べ、かなり過酷な環境でも生息を続けています。そのため人間が食べ物として摂取した場合でも、胃酸などに負けずに腸まで届いて働いてくれます。

それだけでなく、植物発酵食品は、乳製品に比べ格段にカロリーも低く、そのほかの栄養価も高いのです。摂取をこころがけるなら、これらの点で動物性より植物性のほうがよく効くということができます。

日本食は植物性乳酸菌の宝庫

漬物にとどまらず、味噌やしょうゆなど、日本食は発酵食品の宝庫です。これは太古の昔から、まるで人々は乳酸菌のパワーを知っていたかのように、日々の生活に活かしていたということでしょう。

今は外食が多かったりと昔ながらの日本の家庭料理の栄養バランスを毎日摂るのが難しいのが現状です。サプリメントで補うなら、日本の漬物から発見された植物性乳酸菌である、ラブレ菌はこの側面からみて非常に効果的です。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策