乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

ヤクルト菌

ヤクルトといえば、有名な乳酸菌飲料の名前ですね。その主成分となるヤクルト菌の特徴を紹介しましょう。

人工的に強化された乳酸菌

ヤクルト菌とは、学名では『ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株』別名『LCS』とも呼ばれていて、腸に届くまで生き続ける強い乳酸菌です(ちなみに“シロタ”と名のつく乳酸菌が多いのは、腸内菌の研究者、代田 稔博士にちなんでのことです)。

外から乳酸菌を取り入れるには、胃酸や胆汁の殺菌力に負けない乳酸菌である必要がありました。代田 博士は、もともと人の腸内に存在している乳酸菌のなかから強い菌を選びだし、取り出して培養し、丈夫な菌に育てることに成功しました。それが現在のヤクルト菌と呼ばれるようになりました。

ヤクルト菌の腸内での働きと効能

この歴史からもわかるように、ヤクルト菌はいわゆるエリート乳酸菌。代田博士の思いもあり、お求めやすい値段で発売されたことも手伝って人気商品となりました。

ヤクルト菌の特徴をあげる上で外せないのが、高い整腸作用です。腸内のビフィズス菌を増やす作用があるので、善玉菌が腸内で増えていきます。善玉菌が優位になれば、便秘の解消が期待できます。

また、食中毒などの菌も効果的ということも解明されてきました。ナチュラルキラー細胞の活性化を促すので、体の免疫力をあげて、大腸がんや花粉症の改善にも効果があるといわれています。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策