乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

LG21

LG21は、ピロリ菌に対して除菌効果をもつ乳酸菌。さまざまな研究で生まれた新しい菌種です。

腸内環境を整える効果が高い菌

私たちのお腹の中にはたくさんの菌が住み着いています。その中には、有益なものや有害なものなどさまざまです。

乳酸菌は健康のためには大変重要な菌であることは、ほとんどの人が知っていますね。その乳酸菌の中でもLG21は、他の乳酸菌ではなかなか効果の出ない作用を持っていることがわかっています。

それは、ピロリ菌の除菌作用です。ピロリ菌とは食べ物やの澪のから感染する菌です。割と最近見つかり話題となった菌ですが、人の胃の中などに住み着いて胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こす原因とされています。

また、胃がんの原因菌ともされており、胃潰瘍ではその80%の人がピロリ菌に感染しているといもいわれています。

LG21は、ビフィズス菌と同じ乳酸菌の仲間ではなく、ラクトバシルス菌という種類の乳酸菌の仲間です。そのため、持っている効果も違ってきます。

ビフィズス菌と比較してLG21などのラクトバシルス菌が出す乳酸は、ピロリ菌により高い効果を持っていることがわかっています。

ピロリ菌に効果絶大の優秀な乳酸菌

ラクトバシルス菌の仲間であるLG21は、昔から存在した菌ではなく東海大学や川本製薬、明治乳業が協力して作った新しい菌です。

これらの研究機関で、200種類以上の乳酸菌を使って繰り返し研究を重ねた結果、一番よい効果をもたらした乳酸菌がLG21でした。

学術名称は、「Lactobacillus Gasseri OLL2716」といい、頭文字からLG21と名付けたそうです。これらの研究の成果があり、さまざまな他のラクトバシルス菌の仲間と比較してもLG21は、ピロリ菌を死滅することができるほどの効果をもたせることができました。

LG21の特徴を挙げてみると

  • 強酸性の胃の中でも増殖し活動できる
  • 乳酸菌を作る能力が高い
  • 胃の中長時間働き続けることができる
  • 安全で副作用やアレルギーの心配がない

このような作用から、LG21は胃や腸の環境をよくするのに大きな効果をもっていることがわかります。

体に悪い影響を及ぼすピロリ菌の増殖を妨げ、胃や腸の中にたくさんの乳酸菌を作り続けることができるLG21は、便秘解消にも大きな効果が期待できます。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策