乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

クレモリス菌

クレモリス菌は、有名なカスピ海ヨーグルトの主成分。乳酸菌の中でも優れた整腸作用を持っています。

カスピ海ヨーグルトの主成分

一時期話題になったカスピ海ヨーグルト、記憶に新しいという方も少なくないと思います。整腸効果が通常のヨーグルトよりかなり高く、自宅で手作りできることなどで、あちこちで紹介されていました。

酸味が弱く、とても滑らかな食感で食べやすい上に、健康への効果が高いカスピ海ヨーグルトに多く含まれているのがクレモリス菌です。

クレモリス菌は、カスピ海ヨーグルト独特のとろみと甘みを作り出し、美味しさと健康に嬉しい効果を発揮します。

免疫力を上げ、コレステロールを下げる

他の乳酸菌は、腸に達する前に多くが死滅してしまいますが、クレモリス菌はぜん動運動を即し、生きたまま腸に届くので、便秘の解消にとても有効と言われています。

その他にも免疫細胞を活性化させ、風邪やインフルエンザにも負けない細胞を増やします。また、乳酸菌はコレステロールを排出する作用がありますが、その中でもクレモリス菌は、コレステロールの排出にとくに優れていると言われています。

ヨーロッパから来た強い乳酸菌

クレモリス菌は、ヨーロッパで主にチーズを発酵させるときに使用されていて、特に長寿で有名なコーサス地方の人々の間で食べられている乳酸菌です。

一般的なヨーグルトの菌は酸素に弱いのですが、クレモリス菌は酸素にも強く発酵が比較的かんたんに行える上に、室温でも発酵することができる優れた乳酸菌と言えます。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策