乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

ビフィズス菌

乳酸菌の中では抜群に知名度の高いビフィズス菌。その特徴を紹介します。

体に良くない菌を退治する善玉菌の代表選手

ビフィズス菌はいわゆる「善玉菌」。腸内で糖を分解して、酢酸や乳酸などを生成し、大腸菌やその他の病原性腸内細菌など体に良くない菌の増殖を抑えてくれます。これがいわゆる「悪玉菌をやっつける」ということなのです。

母乳で育てられている赤ちゃんの腸内にはたくさんのビフィズス菌が存在するようです。まだ抵抗力の弱い赤ちゃんを守る働きがあるのです。

ビフィズス菌は腸内の病原微生物の生成を抑制し、腸内環境を整えます。有害物質を外へ出す働きがあるのでデトックス効果が期待できます。また、ビタミンB郡やKを腸内で生成することから美肌効果や体力増進の効果も期待できます。

摂取方法に注意しましょう

ビフィズス菌はもっとも親しみのある乳酸菌ではありますが、性質上腸まで届かせるのが難しく、摂取の仕方を工夫することが必要です。

ビフィズス菌といえばヨーグルトという印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。たしかにヨーグルトを食べると一時的に腸内のビフィズス菌の量は増えます。しかしそのまま腸内に住み着いてくれるわけではないのです。つまり、効果を持続させるためには毎日摂取していくことが必要なのです。

胃酸などによって菌のほとんどが死んでしまいますから、ヨーグルトで摂るなら毎日かなりの量を食べ続けなくてはならなくなってしまいます。また、市販されている製品のすべてにビフィズス菌が入っているとは限らないので注意しましょう。ヨーグルトでも菌を摂取できないものがあります。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策