乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

ラクトフェリンの特徴

多くの健康効果から注目されている成分、ラクトフェリン。その特徴を紹介しましょう。

免疫力を高める多機能たんぱく質

最近話題のラクトフェリンとは一体どんな成分なのかご存知ですか。

「ラクト」は乳、「フェリン」は鉄という意味を持ち、鉄と強く結合する力のある多機能タンパク質のことです。母乳に主に含まれる成分で、免疫力・抵抗力を高める“初乳”の力が、まさにラクトフェリンなのです。

人の母乳以外でも、さまざまな哺乳動物の乳から発見されており、また涙や唾液などの外分泌成分にも含まれています。ウィルスなどの外敵から身を守るために働いているとされています。

体内に吸収されにくいことが弱点

赤ちゃんには、外から襲ってくるバイキンをやっつける力そのものが大人より格段に弱く、その代わりをするのがこのラクトフェリンといって良いほどです。

ラクトフェリンは酸や熱、空気に弱く、大人が摂取しても胃酸などで分解され、その効果を発揮できるほど吸収されないのが弱点です。赤ちゃんにはラクトフェリンを分解するほどの力がないため、腸まで届かせることができますが、大人はそれまでにほとんどが分解されてしまい、この成分を有効に摂取するのが難しいとされてきました。

サプリメントでの摂取が効果的

そこで、胃で溶けずに腸までもっていける加工がされているサプリメントでの摂取がとても効果的です。熱に弱い成分なので、加熱調理されていないミルクを大量に摂取するなどが難しいのも理由のもうひとつです。

ラクトフェリンは腸で悪玉菌を抑制、善玉菌の増殖を助ける働きをします。乳酸菌のサプリメントと一緒に摂取することで、腸内環境を整え、免疫力を上げる相乗効果を得られるため、おすすめです。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策