乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

運動不足

運動不足も、便秘を引き起こす大きな原因の一つです。簡単な運動で予防できます。

腹筋と便秘の意外な関係とは?

腹筋が弱いと排便に必要な力をお腹に加えることができないため、便がスムーズに外へ出ないことがあります。また、腹筋が激しく低下してしまっている場合、腸の位置が本来の場所より下へ下がっていってしまいます。これは「大腸下垂」と呼ばれ、腸全体の機能の低下を招きます。

加齢による筋力の低下で起こる場合、ある程度仕方がないところもあるかとは思いますが、毎日運動不足にならないような心がけがとにかく大事です。日々のちょっとした心がけで十分なのです。たとえば、少しでも歩く量を増やしたり、お腹に力を入れて歩くなど、継続していくことが大切です。

便秘対策に効く超簡単・エクササイズ

朝、起きぬけに行うのがおすすめの簡単エクササイズを紹介します。

これを起き上がる前に行って、朝食。その刺激でお通じ。という理想のサイクルへ導いてくれます。まず、お腹をおへそを中心として時計回りにマッサージします。そんなに力を加えなくて大丈夫です。5から10回行います。その後軽く深呼吸をし、今度は息を思い切り吸い込みお腹をへこませます。

食べ物がまだ入っていないお腹はへこましやすく、腹筋を感じることができると思います。次に思い切り息を最後まで吐き切ります。これを5から10セット繰り返します。

ウォーキングで腹筋力アップ!

お通じをスムーズに出すことができる腹筋を鍛えるには、ウォーキングも効果的です。背中をまっすぐにして歩くことで必要な腹筋が自然と鍛えられます。

軽い有酸素運動なので、脂肪燃焼にも効果があり、自律神経も整います。自律神経がうまく働くと胃腸は活発に機能しだすため、筋トレだけでない便秘解消の側面を持っています。手軽にはじめられることも嬉しいポイントです。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策