乳酸菌の整腸作用で体の中からキレイに

善玉菌って?

このページでは、腸内環境を整え便秘解消を促す「善玉菌」の役割と、その増やし方について解説します。

善玉菌ってそもそもどんな菌?

わたしたちの腸内には、たくさんの「腸内細菌」とよばれる細菌が存在しています。

腸内細菌の中で、腸内を酸性に保ってウイルスや毒素の進入を防ぎ、有害な菌を排除してくれるのが善玉菌とよばれる腸内細菌です。

善玉菌の代表は、腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどです。 

善玉菌はさらに、ビタミンを作り免疫力を高めてくれます。そのため、善玉菌がたくさん存在している時は、腸内の環境はととのっている状態でわたしたちの健康は保たれます。

切傷などの治りも早く、風邪も早く治り、便もスムーズに排出してくれます。

また、ガンに対する抵抗力も高まるのではないかと考えられています。

逆に悪玉菌は腸内をアルカリ性にし、下痢や便秘などの腸の不調をはじめ、さまざまな病気を誘発します。

悪玉菌の代表は、大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などです。

便秘や下痢など腸の不調を抱えている人は、善玉菌よりも悪玉菌が腸内で優勢な状態だといえます。

善玉菌をふやして腸内環境をととのえることは、便秘解消だけでなく健康を保つために必須!

では、腸内の善玉菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

善玉菌の増やし方

善玉菌を腸内で増やすには、乳酸菌などの善玉菌そのものを取り入れる方法と、オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサになる食品をとる方法があります。

この二つは並行して行うことが効果的です。

善玉菌そのものを摂る方法

善玉菌そのものを取り入れるには、乳酸菌やビフィズス菌を含む「ヨーグルト」、ぬか漬けなどの「発酵食品」、「牛乳」や「みそ」「ナチュラルチーズ」など乳酸菌の働きが高い食品を摂ることです。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖、グルコン酸などを摂る方法

善玉菌を食物から取り入れたら、次は善玉菌が増殖するような腸内環境にすることです。効果的なのは、オリゴ糖やグルコン酸など含む食品を摂ること。善玉菌のエサとなる食品を意識して摂っていきたいですね。

身近な食べ物では、バナナとはちみつがオリゴ糖とグルコン酸を含んでいます。

バナナはそのままでもオリゴ糖が含まれていますが、焼きバナナにするとより吸収率がアップすると言われ、はちみつはオリゴ糖とグルコン酸の他に、むくみを防ぐカリウムも豊富に含んでいます。またお酢もグルコン酸をたっぷり含んでいます。

納豆菌を多く摂る

納豆菌はそのものが善玉菌で、しかも他の善玉菌を増やしてくれます。

さらに悪玉菌を殺す作用もある頼もしい食物なので、納豆を毎日たべることはおすすめです。

ただし、納豆は食べ過ぎると、セレンというミネラルの過剰症(セレン中毒)になることがあるらしいので要注意! 問題のない量は1日100gまでとのことです。どんなに優秀な食材も食べ過ぎは毒になるという良い例ですね。

 
快腸!植物性乳酸菌ラブレで便秘対策